使用目的に合わせて土嚢袋を購入するようにしましょう

便利な損傷防止グッズ

建設

床や壁の損傷を防止する養生シートは実は様々な用途があることから多くの方に親しまれています。一般的に養生シートは引越しなどにおいて床に張り、その上で荷物を運ぶことで、床への損傷をなくすという使い方でよく知られています。しかし養生シートの用途はこれだけではありません。例えば工場などにおいては機械の粉塵よけに養生シートが使われたり、看板やパネルとしても養生シートが使われたりします。また目隠しや遮光といったものにも養生シートは優れた効果を発揮します。このように養生シートは多様な用途で使われるという汎用性に大変優れており、しかも価格も比較的安価であることから、多くの企業において養生シートの積極的な活用が見受けられています。

養生シートは多様な用途に使用できる大変便利な損傷防止グッズですが、その使用に当たってはいくつかの注意点もあります。まず、こまめにメンテナンスする必要があります。汚れがある場合にはふき取ったり、シートに損傷があれば補修したりするなど手当てが必要となります。汚れはスポンジに水をぬらして軽くふき取ればよいのですが、汚れがひどいときには中性洗剤を使用すると効果的です。雨にさらして使用していた場合には使用後に水をよくふき取っておくことも重要です。またなるべく常温で暗所に保管しておくことも重要なポイントとなります。以上の注意点を踏まえて養生シートを使用すれば、3年から5年は持続して使用できることとなります。