使用目的に合わせて土嚢袋を購入するようにしましょう

現場に必須のアイテム

工事

多目的に利用できる

建築シートが果たす最も大きな役割は、建築現場で既に完成した部分を守ることにあります。したがって、現場で必ずと言ってよいほど見かけるブルーシートやポリシートなども、建築シートの1つと言えます。さて、建築シートは、塗装工事など仕上がった部分が汚れてしまう可能性がある現場では、特に重宝されます。また、粉塵が舞いやすい現場や騒音が大きな現場では、外部への影響を少なくするために、現場を建築シートで覆います。このように、仕上がりを守るとともに、近隣住民への影響を少なくする効果が建築シートにはあるのです。加えて、最近ではブルーやグレーといった単色の建築シートだけでなく、会社のアピールをするシートも登場しており、導入企業が増えています。テレビコマーシャルなどのようにお金がかかる広告とは異なり、低コストですむ広告として注目されています。

長持ちさせるには

建築現場で使用される建築シートは、1つの現場だけで1回しか利用できないというものではありません。最近のシートで利用されるターポリンというビニール素材は、たいへん丈夫で悪天候にも耐え、汚れにくいと言われています。そして、適切に保管しておくことで、2回、3回と利用することが可能です。そこで、長持ちさせるための保管方法について知っておくことをおすすめします。保管する際に注意すべき点は、水分を十分に布で拭き取ること、広告面の塗料が落ちないように折りたたまないことです。この2つのポイントを守ることで、広告機能を維持させたまま、複数の現場で再利用することができます。なお、建築シートの一般的な寿命はおよそ3年と言われていますが、保管方法しだいでは延ばすこともできますし、縮めてしまうことにもなります。