使用目的に合わせて土嚢袋を購入するようにしましょう

便利な損傷防止グッズ

養生シートには引越しの際に床の損傷を防ぐといった用途のほか、機械の粉塵よけや看板、パネルなどといった用途にも使用され、大変汎用性のあるものとして人気があります。養生シートを使用するに当たってはメンテナンスを定期的に行うこと、汚れはふき取り、損傷は補修する、などといった点に注意する必要があります。

目的別に使い分けよう

土のう袋

バリエーションが豊富

土嚢袋にはさまざまなバリエーションがあるので、購入にあたってはそれぞれの個性や特色をよく理解しておくことが大切になります。紫外線対策が施してあるUV土嚢袋は、屋外で長期間使用することを想定して開発されました。太陽光に長い時間照らされることにより、通常の土嚢袋は紫外線によってポリエチレンやポリプロピレンといった素材がダメージを受けます。しかし、UV対策が施されている土嚢袋は、より長い時間にわたって利用できるようになっています。また、白や黒といったモノトーン系のカラーが多い土嚢袋の中にあって、ピンクやイエロー、グリーンなどカラフルな色使いのカラー土嚢袋も販売されています。色の違いによって、中に入れるものを分けることができ、ゴミの分別などに便利です。

送料無料にするコツ

土嚢袋が必要とされる現場では、廃材の処理、廃土の処理などのために一度に大量の土嚢袋が必要になることがあります。しかし、1枚あたりの単価が50円から100円と低いため100枚あるいは200枚単位で購入したとしても、通販の場合には送料がかかることがあります。単独で土嚢袋だけを発注するのではなく、他の建築資材や事務用品などと一緒に購入することにより、送料を節約することが可能です。さまざまな建築資材を扱っている通販サイトでは、お気に入り機能や購入履歴閲覧機能が搭載されています。土嚢袋をお気に入りに入れておくと、他の商品を発注するときに一緒にオーダーしやすくなるので、この機能を有効活用するようにしましょう。

水資源への配慮を

四方を海に囲まれた日本では、汚水や排水は適切に処理する必要性が特に高いと言えます。そこで、各企業では、汚水処理剤を利用するなどの取り組みを行うべきとされています。なお、汚水処理剤は発生する汚水の成分によっても違いがあるため、選ぶ時にはきちんと確認するすることが大切です。そこで、提案力のある販売業者をしっかり選択しておきたいところです。

現場に必須のアイテム

建築シートが果たす役割は完成した部分を守ること、そして、近隣住民への影響を減らすことにあります。また、最近では、広告の手段としても注目を集めています。なお、建築シートは正しく保管することで、長持ちさせることができます。ポイントは、水分を拭き取ることと、折りたたまないことです。